フリーランスのデメリット

これまでの実績が少ない場合がある

フリーランスでweb制作を行っている場合、ほかにスタッフを雇わず1人で業務を回しているパターンもよく見られます。実際の作業だけでなく、営業やクライアントとのやり取り、企画、書類作成、事務手続きなど、さまざまな業務を行わなければなりません。そのため、同時に扱える案件の数にも限界があります。その結果、各業務にそれぞれ担当者がいるような大きな企業に比べ、実績が少なくなる傾向にあるのです。これがフリーランスのデメリットの1つです。実績が多いということは、さまざまな案件を完結させてきた経験とスキルの裏付けにもなります。反対に、実績が少ない場合、十分な経験がなくできることの幅が狭いのではないかというイメージをもたれる可能性があります。

案件の完了までに時間がかかる

フリーランスのweb制作は、案件の完了まで時間がかかりやすいという点もデメリットと言えます。先に述べた通り、フリーランスはさまざまな業務を自分1人で担当しているパターンが珍しくありません。そのため、各業務ごとに担当がおり、必要に応じて各業務を同時に進められるような企業と比べて、どうしても案件の進捗が遅くなりがちです。また、プログラムを組み立てる段階でも、大きな会社では何人ものエンジニアで作業やチェックを行いますが、フリーランスの場合はほぼ1人の作業なのでどれだけスピーディーに進めても限界があります。できるだけ早く案件を進めて欲しいという場合に、フリーランスへの依頼は難しい面があると言えるでしょう。