フリーランスのメリット

案件に関するいろいろな連絡がしやすい

フリーランスの場合は案件に関するいろいろな連絡がしやすいでしょう。これは大きなメリットです。例えば大きなweb制作会社の場合、営業・企画・開発・事務、それぞれの担当部署が分かれているパターンが多く見られます。そうなると、案件全体のことは営業担当、企画段階のことは企画担当、実際の作業のことは開発担当、書類・支払い関係のことは事務担当など、内容によって連絡をとる相手が変わる可能性があります。いちいち誰に連絡をとればいいのか考えなければならないのは非常に面倒ですよね。その点、フリーランスの場合はほとんど全ての業務を1人で行ってることが多いので、案件に関するどのような内容であっても連絡をとるのは同じ人です。また、同じ人に連絡をするので、企業内で連絡ミスが起こるなどということもありません。

細かな部分まで相談しやすい

些細な内容を相談しやすいこともフリーランスに依頼するメリットです。先に述べた通り、大きなweb制作会社の場合、業務の内容によってセクションが分かれていることがあります。すると、細かなことでも横の連携をとらなければならず、全ての部署に話を通さなければいけません。そのため、クライアントとしてはなんとなく相談しにくさを感じることもあるでしょう。また、ある部署でOKを出しても別な部署でNGだと判断する可能性もあります。そうなるとなかなか話がまとまりません。しかし、フリーランスの場合、その依頼内容を受けるか受けないか判断するのは全てフリーランス本人です。本人の裁量1つで決められるので、面倒な調整などは必要ありません。気軽にweb制作の相談ができることはフリーランスの大きな特徴です。

webサイト構築とは、企業や個人でサイトの新規構築やリニューアルを行うことです。単にサイトを作るだけではなく、何のために作るのかという目的を明確にし、そのゴールを目指すところまでがサイト構築の考え方です。